就活中の学生と外国人

学生上がりで社会人経験もなく、まだこれといったスキルもないのに月20万の給料に不満を持って「御社の福利厚生は~」とか言っている中で月5万円で喜んで同じ仕事を喜んでしてくれる優秀な外国人は世界にはたくさんいるんです。

経営者だったら、そして”バブル時代のようにお金があり余っている状況ではない”

なら、どちらを雇うかということです。

「言葉の壁」という大きな壁があるかもしれませんが、今日の佐川の外国人のように優秀な人は日本語を覚えて日本にやってきます。

昔は外国人というだけでたとえ日本語が話せても就職先はほとんどなかった。

それが今は日本語が話せれば自国の数倍の給料で雇ってもらえる。

そうなれば彼らは必死で日本語を覚えてくるでしょう。

経営者の外国人雇用の見方も変わってきます。

「他のところでも外国人を雇ってるし」という心理的な抵抗の減少や、他が外国人を雇って人件費を安く抑えれば、人件費のコストが安くなる分価格競争では有利になるので、競合となる同業者への対抗策としてせざるを得ない状況になるなど、この流れは止めることはできません。

そうなれば、今後こういう優秀な外国人はどんどん増えてきます。

優秀な外国人を一人雇えば、その国の「日本語が話せない労働者」をその人に任せることもできるのでより低コストで単純労働をしてくれる外国人を雇えるようになります。

そうなってから「何かスキルを身につけよう」じゃ遅いので、今のうちからスキルを身につけておいたほうがいいですよ、という話です。
何をしたらいいかわからない?

じゃあいろいろやってみてください。やってみないとわかりませんよ。

10個の新しいことをやってみて本当にやりたいことが1つ見つかったら

それでいいじゃないですか。

お金をかけて誰かに何かを習う価値は十分にあると思いますよ。

最近では、ハローワークで職業訓練の仕事もあります。

無料で手に職を付けれられるので活用するべきなのではないでしょうか。

私の知り合いも試験に合格して訓練学校に通っています。

小学生、中学生レベルの試験があります。

算数、国語が試験に出ます。
なかなか、人気のコースは倍率が高いですが・・・。

しかし、求人を募集する側にとってはスキルがある方がいいとおもいませんか?

手に職を付けている方がかなり有利なのだと思います。

職を探す本人にとってもかなり幅は広がると思います。

時間は掛かりますが、私はそのように信じています。今後の日本人に期待して下さい。」という外資系勤務、30代男性の力強い言葉を私は信じます。

コメントを残す

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>